お弁当の本

「お弁当」がテーマの絵本から新米ママの強い味方、レシピ本までご紹介します。


サンケイ児童出版文化賞を受賞した『かばくん』などで知られる岸田衿子と、『ぐりとぐら』シリーズのイラストでおなじみの山脇百合子が手を組んだ1冊。続編として『どこでおひるねしようかな』がある。無駄のない詩のような文が耳に心地よく、擬人化された動物たちの洋服やお弁当の包みは、まねて作ってあげたくなるほどのかわいらしさだ。最後のページにはみんなのお弁当が一覧になっており、それぞれが誰のお弁当か、あてっこするのもまた楽しい。幼稚園などでお弁当が始まるころから読み聞かせてあげたい1冊である。


スパゲッティナポリタン&コロッケサンド、ざるうどん&和風炒めご飯…子どもに大ウケ間違いなしのお弁当を紹介。息苦しいほどオリジナリティあふれる、目からウロコのメニューが満載。


同じ食材でも調理法をかえるとメニューも広がります。バラエティ豊かなおかずレシピ、ご飯・麺・パンなど主食のアレンジ法など、メニューのマンネリ化も防げる、ラクラクお弁当作りのアイディア満載の一冊。


ミッフィー、ウルトラマン、ポンキッキーズ、ポケットモンスター、どこでもいっしょ、キョロちゃん、ウォレス&グルミットなどキャラクターを形どったお弁当集。お弁当65点、おかず107点を掲載。


くまくんが、ねずみくんやかばくんのおべんとうを見せてもらって、おかずを一つもらいました。最後はくまくんのおべんとうのホットサンドをみんなでなかよく食べました。楽しみながら思いやりが身につく絵本。


キティちゃんのそぼろご飯やサンドイッチ、おにぎりやマッシュポテト。のりで切り抜いたばつ丸など、1冊まるごとお絵描きランチ。簡単なものから特別な日にどうぞのものまで68点。他におかず90点。


品数をあれもこれもと欲張りすぎると、お弁当作りは長つづきしません。だから無理しないで、手早く、おいしく、マイペースで毎日楽しみながら作れる、そんな「朝ラク!お弁当」を紹介します。


きょうはみんなでピクニック。ひとあそびしたあとは、たのしいおべんとう。さっそくみんなでおべんとうのみせっこをします。ところがあれれっ、ぞうくんのおべんとうがないよ。でも、なあんだ、いがいなところにありました。ページをめくると、楽しいおべんとうが次々とあらわれるしかけ絵本。